大きな海2

カナダのトロントにて2ジャイアントシュヌードル犬+2ヒトな生活

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

大きな海の仲間達

wocean2

Author:wocean2
大きな海の人々
父:オットくん
母:wocean2

虹の橋へ行った猫さん
Kaylie♀:2007年2月9日(18歳)
Owen♂:2008年4月10日(13歳)

ジャイアントシュヌードル犬さん
海(カイ)♂:2003年12月18日生まれ
海(うみ)♂:2004年11月6日生まれ

イタリアンスピノーネ犬さん
花(はな)♀:2012年3月22日生まれ


お手紙

ookinakaiumi@yahoo.co.jp 

ワンコをクリックしてね。 お手紙待ってマース(^^)


gremz


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


今度はカイが手術
本日は気温も24℃くらい上がる予定で、しかも湿気がないというなんともさわやかですごしやすい海家地方です。

本日はコテージウィークの様子はお休みでタイトルの通りカイのことをちょっと。
ちょっと長いので興味のない方はスルーしてね。 って、いつも長いか・・・苦笑。

2ヶ月ほど前うみが前十時靭帯断裂の手術を受けたばかりですが、なんと、今度はカイが同じ手術を。
まさか、こんな立て続けに手術が重なるとは正直思っていませんでしたょ(涙)

カイは、うみより精神的にも体力的にももともと弱いのですが、2年位前かな?から若干関節炎も出てきたカイ。1ヶ月ほど前から後ろ足をかばうように足を引きずり始めたカイ。 そのときは あ、関節炎ひどいのかな??位にしか思っていなかったんですが、いよいよ体重をかけなくなってきて、体も大きいのでもしや股関節形成不全と不安に思ったのですが、いろいろ調べてみたら(足を触ったり、動かしたりして)どうも、そうではなさそう。そして決定的な股関節形成不全ではない証拠発見!
シッコをするときに足を上げてしていたんです。ってことは、股関節形成不全ではなく、膝?!という結果にね。(もし股関節形成不全だったら足を上げることができないはずなので)
で、早速かかりつけの病院に連れて行ってレントゲンを採ってみたらやはり膝。。。。。がーーん。ま、股関節形成不全よりはいいけど。
で、またまたうみの膝の手術でお世話になった先生に連絡してもらい、カイは白血球の数値が通常より高く、白血病(リンパ性白血病。いわゆる癌ですな。)の気があるのでその辺も考慮して手術ができるか調べてもらったんです。

それがわかったのがコテージウィークに行く3日前。 コテージウィークをやめてトロントの家で安静にするか、それとも予定通りコテージに行くか?と悩んだのですが、オットくんとワタシは休みもとっているし、カイも同じ安静にしてるにしても(結局ちっとも安静になんてしてなかったけど・滝汗)コテージでのほうが幸せだろう。ということでコテージウィークを予定通りした海家。
ついでに、手術の予定も入れてもらい、コテージから帰ってきた2日後の一昨日、20日の火曜日に手術のためカイ入院。

カイ

手術の日、20日の朝のカイ。 この時点では何も知らないカイ。

うみの手術をしてくれた先生はその専門で本当に優秀な先生です。そして何よりも飼い主と犬のことを尊重してくれるとてもいい先生で、今回もカイを連れて行ったオットくんと、長い話をして、カイは確かに歳もとっている。うみのように体力があるわけでもないし、ましてやリンパ性白血病の手前の状態だけど、この手術をすることによって、カイの足の痛みは消えて、それどころか今まで以上に足も強くなり、回復後は健康な状態の足で楽しい生活をすごせるはず。と、おっしゃってくれ、それがたとえ残り6ヶ月であろうと、この足の痛みからは解放された楽しい生活になるはずだ。と。なるほどそんな考えもあるのね。と、思ったワタシ。
で、そんことも踏まえ、それでもカイの手術に抵抗があるならそれもよく理解できるし、誰もそれに対して軽蔑することもなく、その考えを尊重します。 と、言ってくれたんですけど、もし、カイが先生の犬だったとしたら先生は迷わず手術することを選ぶということで、オットくんもワタシも納得して、手術をお願いしました。

手術後さっそく先生から連絡があり、手術は無事終わり、カイも足も問題はないと。うみの時はあけてびっくり半月版も損傷していけど、カイは半月版は損傷なし。でもやはり関節炎は出ていたそうな。歳だから仕方ないね。

カイ

手術から帰ってきた日のカイ

で、先生がカイとうみの違いにかなりびっくりしていました。 
性格の違い、体力の衰えの違い。 カイとうみは11ヶ月の歳の差です、うみが11ヶ月若いのですが、うみはそんな歳に見えないのもあるけど、カイがうみに比べてあまりに老体に見えるのに本当に驚いていました(笑)
はは、うみはほんと歳を感じさせない若さがあるからね。それに比べてカイは子犬のときから爺さんくさい子犬だったし、決して運動神経もいいわけじゃないし、筋肉のつき方もそら、うみとは大違いだしね。

カイ

ダラーーンなカイ

それと、先生がうみはまったく問題なく入院生活できたけど、カイは病院に入った瞬間から緊張してて、息もあらい。そして、オットくんも帰ってしまった手術前、それは、それはほんとうに悲しそうにないていた。と。ほえているんじゃなくて、本当にこの世で一番悲しい声だったと(涙) 
カイってそういう子なんだよ。すごく繊細で、家族と一緒じゃないと不安で仕方なくて。ってね。うみはそらー、堂々としたもんよ。振り向きもせず病院の奥に行っちゃうくらいだから。笑 カイはそのまったく逆。

カイ

帰ってきた日の傷口

そんなことも十分に知っていたからカイの入院中のストレスとかすごく心配していたんだよね。で、案の定、手術した日の夜は不安でまったく眠れなかったカイ。何度も外に出してもらっていたそうです。でも明け方にはさすがに疲れて、翌朝先生から電話をもらったとき(手術の次の日もちゃんとカイの様子の報告があります、うみのときも同じでした)はいびきをかいて寝ていたそうだけど(笑)

カイ

血がにじんでますな・・・

でもね、驚いたことに、退院してきた時のカイはうみが退院してきたときより状態がよかったの。
あ、それと、手術前に血液検査もしてもらったら今年の5月のときより白血球の数値も下がっていてよかった、ヨカッタ。それでも平均に比べたら高いのだけれどね・・・
で、うみが退院してきたときは丸2日間ほんとにうみらしくなく、おとなしいというよりは明らかに痛みで動けないのだろうという感じでぐったり。しかも食欲もまったくなし!なのが、思いもよらずカイはそんなそぶりもなく(ま、もちろん、普段に比べたらちょっとダラーーンですけど、決してぐったりではない)食欲もあって、びっくり。よほど家に帰ってきて安心したのかしら?

そして、せっかくリノベーションで素敵なベッドルームができたのに夕べからみんなで1階のソファーで寝ておりますョ(滝汗) 当分は、2階では寝れないだろうな・・・はぁ~~~

カイ

朝起きたらバンドエードはがしてたよ、、、涙
でも、バンドエードの張り付いていたところが赤くなっているから合わないのかも・・・それで痒がっていたのかも。

と、いうことで、カイの手術のお話でした~
長々とお付き合いありがとうございます。 また次回はコテージウィークの続きアップしますね。

と、今週も早いことに金曜日ですな。 海家は明日は友達の結婚式、日曜日は義姉オットさんの誕生日でお呼ばれのためコテージお預け週末です。海家地方週末もお天気もいいようで、きっと明日は素敵な結婚式になるだろうな。(ガーデンウェディングのためお天気重要)
では、みなさん良い週末をお過ごしください。 

*** おまけうみ写真

うみ

ボケ写真失礼。 カイが入院中、それはそれは寂しがっていたうみ。とても大人しくてうみらしくなかったよ

うみ

うみの大きな手(^^) 今気がまだらだけど、いい感じにもさもさでぬいぐるみみたいですよ~




えっ?!今度はカイ?? と、思ったあなたも
カイもうみも早くよくなーれ。 と、思ったあなたも
ぽちり応援よろしくです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
dogs / 2013.08.23 11:16 / CM[13]



 + 


いただきモノ

KAI BabanBang!
UMI BabanBang!
from Yu-san SM
from Himeinu-san SM
Kai from Okan-san2 KatoKai from Okan-san2 cool dog site 2008年の9月13日に受賞されました↑


ブロとも(fc2)なって下さい

ブロともなってもいいよ~(fc2内のみ


twitter


リンク

大きな海 このブログをリンクに追加する by fc2


* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。